2017年12月 6日 (水)

木材の伐採現地を行く

女性のためのチェンソー講習会につづき

宮崎県美郷町の小田ちはる氏による

「林業を語る」が開催された。

130haの林業家の家族の話は愉快だった。

女性メンバーとともに木材伐採の現地へ。

4haの面積で杉・桧が切り倒され、作業道から

集材機で搬出されていた。

013_2

018

019

伐採後の山は来年の春に植林される。

 

2017年11月22日 (水)

ハゼ並木通り

久留米市のハゼ並木通りにある資源活用研究センターで

毎年恒例のふれあいフェスタが開かれました。

施設内は一般公開され、森林・林業学び塾や

MYはし作りなど多数の展示、出店でにぎわった。

Img_0326

Img_0323

Img_0328

自然と紅葉に囲まれたなかで、秋の一日を

楽しみました。

2017年11月13日 (月)

伊万里は海と山と。

佐賀県伊万里のコンビナートへ出張。

海岸沿いの6万6千㎡の貯木場は原木が山積み。

森林資源の木材と林業への社長さんの熱い思いが伝わり

私達も感動とともに、事業意欲が高くなりました。

Img_0301

Img_0303

伊万里木材の会社を後にして、帰りに市内の

“街のサナーレ”のカフェコーナーに立ち寄った。

木造建築の住民憩いの場は丸太の筋交いを使っており

心が落ち着く。

Img_0314

2017年10月27日 (金)

森林活性化にむけて。

大分県で林業の元気にむけての大会があった。

大分までローカル線と日豊線の行程を楽しむ。

平成筑豊鉄道油須原駅からJR行橋駅まで

乗車時間28分で着いた。

JR大分駅まで1時間弱、会場のホルトホール大分へ。

Img_0267

Img_0269大分県産材のボルダリング

九州全域から林業や木材関係者が集まる。

「林業と地域創生」の講演につづき、

森林災害の流木対策など盛り沢山のテーマ。

山も諦めたら“イカン” と感じた大会だった。

2017年10月 4日 (水)

県外出張。

秋の気配を感じながら大分県と熊本県へ出張する。

10月20日飯塚市場にて優良材展示市の開催に伴い

出荷のお願いに伺った。

7月の北部九州災害で熊本県小国町の製材工場も

被災した。

Img_0214_2

 

建築資材一式を扱う穴井木材工場を訪れ、

小国杉の工房を穴井里奈さんの案内で視察した。

杉の葉でアロマを作る人や

デザイン性の高い木工家具と工房。

Img_0223 (杉の葉でアロマを作っている様子)

Img_0218

小国杉のよさを改めて見直した出張でした。

2017年9月19日 (火)

ちくほうビジネスフォーラム。

9月12日に嘉穂劇場を会場にしての

「ちくほうビジネスフォーラム」があり、

6つの企業・団体が事例発表を行った。

嘉穂劇場は木造建築の建物で、地域の宝である。

発表者は舞台花道から拍子木を合図に登場。

弊社も展示・商談ブースにて会社カタログで会社PR、

今取り組み中の「木耳」の販売を行った。

筑豊地域の各企業の実績や取り組みを

知る機会で、良い一日でした。

Img_0203_2

2017年9月 1日 (金)

英彦山のふもとにオープン。

英彦杉(ヒコスギ)のブランド化に取り組むなか、

ヒコスギ・リンゴハウスが添田町の

観光リンゴ園の一角に完成した。

前日まで関係者総出で飾り付け。

Img_0160

 英彦杉ブランドの床板、壁板を使用。

天井もデザイン性が高く、展示パネルもあれこれ。

当日はお天気に恵まれ、英彦山神宮に参拝。

式典での挨拶に続き、代表者が英彦杉ブランドの

焼印を杉板に焼き付けた。

Img_0169

Img_0170

Img_0180_2 山のなかの情報発信の基地として、

英彦杉ブランドが地域の方に親しまれることを願う。

2017年8月22日 (火)

英彦杉の発表展示間近か

お盆休みも終わり、連日の暑さですが仕事も順調。

地元、筑豊の杉をブランド化する事業の現場。

英彦山の観光りんご園の内にある民家の

リノベーションが進む。

杉 30m/m床板貼りとテラス工事。

088

087

097

8月27日 会場へのご来場お待ちしています。

2017年8月 9日 (水)

木質化建築物の視察。

東区の福岡女子大学の建築で内装材の木質化。

県産材の杉小割りが天井ルーバーで使用され、

校内が明るく、やわらかく、そして温かみが感じられた。

Img_0093

Img_0094天井面に角度があり、施工技術レベルが高い。

良い環境のなかでの女子大学生の学習にも

力が入るかな?

次に古賀市の木造建築の病院施設へ。

総桧造り、八角形の柱に造作材も桧材を使用。

Img_0099 木質化と木造建築、木を使うことは

人もやさしくなれるな、と感じた視察でした。

会社は盆休み 8月12日(土)から16日(水)まで。

2017年8月 2日 (水)

棟上げの日。

連日の暑さの中、7月28日大安吉日、

棟上げがありました。

家の構造材一式がトラックで運び込まれた。

基礎工事が完了して、土台敷きに続き

一階の柱まで立てた。

棟上げの日はクレーンで2階の梁、桁の

建て込み、母屋、棟木が納まる。

無事上棟の運びとなった。

Img_0064

Img_0066

Img_0087